2016年 10月 の投稿一覧

住宅における新築とリノベーションの違いは

新築の住宅を購入するときに出てくる言葉としてリノベーションという言葉が、今よくでてきます。では、どのようにちがうのでしょう。まず新築ですが、勘違いしてしまうのが建てたばかりと考えています。しかし、新築の意味は、建物が完成してから1年未満の家で、一度も入居が無い状態の物件の事を言われるので、今建てたばかりとは言えないものもあります。リノベーションは、既存の建物に改修工事をして、用途や現存する機能に変更を加えて生活する上での性能を向上させたり、他に付加価値を与えるという意味があります。倉庫を家にしたり、古民家を再生させたりという今まで存在していた状況から全く別の住居として作り直したりします。リフォームという言葉もでてきます。これは新築時においての目論見に近づくように復元します。こちらは修繕という言葉を使う事があります。リノベーションは改修という言葉を使う事があります。デメリットとしリノベーションは劣化や損傷がある可能性や追加工事をしなければいけない事も考えられます。耐久性も劣る事により、少し安全性の心配はしなければいけません。なかなか家の購入ともなれば勉強が必要です。

新築住宅を建てる時の参考情報

三重県で新築住宅を建てる際には、様々な情報を収集する必要があります。情報収集に役に立つものには、お家についての雑誌,サイト・ハウスメーカー,工務店などのホームページ・住宅展示場,モデルハウス・新築内覧会・ハウスメーカーなどの構造見学会などがあります。このように、家づくりの情報として役に立つものは沢山あるので、できるだけ多くの媒体を参考にして、多くの情報を集めた方がよいのです。また、住宅会社や情報提供会社からの情報以外にも、家づくりを行うのに非常にためになるものがあります。それは、「家づくり体験談」を聞くということで、実際に新築住宅を建てたことのある先輩方の、体験談を聞くというものです。知人や友人・親戚・会社の同僚など、回りにそのような方がいる場合は、そのような方に「家づくり体験談」を積極的に聞いてみるとよいです。そのような方が回りにいない方でも、「家づくり体験談」の情報を専門的に集めたサイトや、お家に関する掲示板などがありますので、そちらを閲覧するという方法もあるのです。先輩方の成功話しや失敗話しなどを、ご自分の家づくりの参考にするとよいのです。

火災保険の加入メリットは大きいです

新築の住宅を建てた際には、火災保険に加入することによって万が一、自宅からの火災や隣近所からの出火による移り火でも補償されます。さらに保険には火災だけでなく、敷地内にある物が盗難にあった際にも補償の対象となるので、加入することによって様々な補償を受けることが出来るメリットがあります。ただし、新築住宅の火災に対する防火設備や立地場所などによって掛け金や補償金額が異なり、保険会社によってもサービス内容に違いがあるので、加入する際には比較検討することです。比較検討には、保険会社の公式サイトなどで内容を確認することが出来、必要に応じて見積もりなども問い合わせることが出来ます。また、最近では災害などによって保険に関する意識の高まりから書籍やテレビ番組でも取り上げられる機会が増え、比較サイトなども登場しているので、必要な情報が得られやすい環境が整っています。また、中立的な立場で無料で相談することが出来るサービスもあるので、活用すると良いです。

新築住宅の間取りの取り方について

住宅を新築するとなると、色々と自分達の好みにできるので、楽しみが増えます。間取りでは、家族で生活をしている姿をイメージをしながら、決めると思います。間取りを決める際に、注意するべき点がいくつかあります。収納や、音、明るさなどがあります。家の中の生活をメインに考えていると、見落としてしまうことがあります。それは、家の回りの環境です。例えば、寝室が道路側にあった場合に、車や人の通りが多いと、騒音などが気になることが考えられます。反対に、家の中の話し声などが、道路へよく聞こえてしまう場合もあります。窓や、玄関から、家の中がよく見えてしまうこともあります。そういった部分をふまえて間取りを考える必要があります。住宅が完成してからよく聞くのが、収納が少なかったという話です。収納スペースと、部屋の面積、家族の人数などをよく考慮します。新築住宅の情報紙や、展示場などで情報を集めて、間取りや、収納に問題がないか確認するといいです。

最近は中古マンション等のリノベーションが注目されています。

都心において、中古マンションは結構な好立地にあって生活環境なども良好な場所でも、売れずに残っている場合を見かけます。中古マンションなどを見学に行きますと、とても魅力的な物件ですが間取りが古かったり、部屋のインテリアなどが古めかしいのが理由で、購入を見送るケースがあります。最近はリフォームなどを行っていない割安感のある中古マンションを購入して、自分でリノベーションを行なうことで自分の家族構成やライフプランにあった住宅を手に入れることが可能です。リノベーションは、部屋の間取りや壁の位置などをやり替えてまっさらな家に作り変えたり、給排水管などをすべて最新のものに取替えて、快適性だけでなく家の安全性などがある価値の高い部屋に作り直す事を言います。都心においては、まだまだ新築のマンションなどは高く手が届きにくい感じがありますが、割安感のある中古マンションを安く購入してリノベーションを行なう方が、3割程度は値段が安くて済みますので、人気があります。少し前までなら住居は古くなると建て替える考えでしたが、最近は長く住むことを前提にして、リノベーションを行なう考えが中心になっています。

中古住宅という選択肢

新築一戸建てを購入するなら、中古住宅も選択肢の一つに入れると良いです。大切な家族と暮らす住宅は、間取りにこだわって決めたいと誰もが思い描きます。けれども予算の都合上、どうしても妥協できない点も存在します。その悩みを解決してくれるのが中古住宅です。物件によっては新築以上の価値を見出す事ができるため、お得な物件です。住宅を購入する場合、建築士が設計した分譲住宅と自由設計が楽しめる注文住宅があります。どちらも建物は新しいですが、分譲タイプは安いけれど間取りに融通が効かず、注文タイプは価格の高さがネックになります。これらの悩みをスムーズに解決してくれるのが中古住宅です。前オーナーのこだわりが詰まった間取り設計であり、新築ではないため価格は安いです。建築から年数が経っているため、キズや汚れが目立つ物件ですが、リフォームすれば問題は解決されます。リフォームを済ませてから暮らせば、まるで新築のような空間が終の棲家となります。

マイホームを手に入れる

家を購入しようと検討をした時、いくらくらいの家を購入できるか、どの地域に住もうか、マンションにしようか、戸建てにしようかなど色々と悩むものです。そんな中で中古住宅を購入するメリットについて説明します。
まず、何と言っても価格が魅力的です。同じ地域で同じような広さの新築物件に比べて築年数や状態によって異なりますが価格安くなっています。そのため、人気の地域でも魅力的な価格の家があるのです。また、開発が進み、空いている土地のない地域では、なかなか新築物件は販売されないのですが、中古住宅は、様々な理由によって販売され続けていくため、住みたい地域に住むことができるのです。
その他にもリフォームやリノベーションをすることで、自分たちの好きな雰囲気の家を作ることができるのです。
このように、中古住宅は、古いだけではないかと思わずに、様々なメリットがあり、中古住宅を家購入の検討候補に入れるだけで選択の幅はかなり広がり、家探しが楽になります。

新築のデザイン住宅は、通常よりも割高になります。

住宅は一生に一度の大切な買い物になりますので、少しでも自分の家としてこだわりがあったり、長く安心して住める家にするために、最近は三重県でもデザイン住宅を手がける人が増えています。そのためには、出来るだけ住宅展示場にある多くのモデルハウスを見て、最新の家づくりのノウハウやメーカー独自の工夫されたインテリアなどを、参考にするのも大切です。最近の家造りは、デザインばかりではなく太陽光発電などを取り入れた環境に優しい家や、耐震性や耐熱性を高めた安心して快適に過ごせる家造りを重要視しているメーカーも増えていますので、せっかく新築でデザイン住宅を手がける際には、意識して欲しいポイントです。どうしてもさまざまな部分にアイディアや便利な機能をオリジナルで加えていきますと、通常の家よりも割高になりがちです。先入観やこだわりも大切ですが、予定よりも大きく金額が上ブレしますと後々の資金計画が変わってきますので、常に全体の費用面も施工と同時に相談が出来る業者選びがやはり大切です。

ちょうどいい家に建替えるために

購入した時にはちょうど良いスペースだった我が家も、年月が経過し建替を考える時には家族構成も変わり違った視点から家づくりを考えるようになります。子どもが独立し、夫婦二人になってしまうと使わない部屋が増え、さらに高齢になると2階への上がり降りが大変になってしまいます。そういった場合はバリアフリーで家事もしやすい平屋住宅が良いかと思います。防犯や日当たりの面から、平屋を建てるのに適した土地があることが前提ですが、設計の自由度が高く使い勝手の良い家を建てることができます。また、建替を機に子ども夫婦と一緒に同居するような場合は、二世帯住宅をお勧めします。いままで違う生活をしていた家族が一緒に暮らすのはお互いストレスの原因となってしまう場合があります。そんな場合は1階と2階で玄関や水回りなど住居スペースを完全に分けることで、お互いのプライバシーを重視しつつ何かあったらすぐ駆けつけることのできるちょうどいい距離をつくることができます。

新築住宅購入時には地盤を確認しておきましょう

新築住宅は高価な買い物です。借家とは異なり、次はどこに住もうかとか考える事はできません。定住が基本です。そこで見落としやすいのが地盤です。建物の設計や外観、生活環境などは目につき調査されますが、もともとの住宅が建っている地盤についてはあまり気にされない人も多いですし、説明が無い事もあります。ただ、基礎となっている土地はいろんな場合があります。田んぼや畑、埋め立て地など様々です。道路や土地もコンクリートやコールタールで整備されて実際どのようなド地だったかわからないところも多いです。建売新築物件などは全くよくわかりませんし、不動産屋も地盤の事については全く調査されていなこともあります。昨今の津波や地震・台風といわれる自然災害による被害を見てもどこで誰が被災者になるかわからない世の中です。最低限度の住居に関する情報は知っておいた方が良いです。特に地盤は強いとか弱いという事があるので、聞いておいた方が良いです。できたばかりの新興住宅地などでは、数年後地割れがする事も多く有ります。良く調べて購入しましょう。