未分類

全館空調 カビ対策は?

全館空調を取り入れることが多くなってきました。
室温がすべて一定に保たれるという点が高く評価されているのですが、反面、ダクトの中にカビが生えてくる事例があるのも間違いのない事実です。大人でもそうですが、子供部屋がこういう状態になると、喘息やアトピーを発症するリスクがにわかに高まりますので、ただこごとはありません。実は、一般的なエアコンでもカビが生えてくることがあるのです。ただ普通のエアコンであればカビが生じても機械をはずしてあたらしいものにかえれば、費用はかかりますが問題は解決します。しかし全館空調の場合は設備工事を再度やり直すことになりますので、エアコンのように簡単には行きません。室内に湿気があって冬ともなれば結露するような状態であれば、カビのリスクは避けることができないと考えるべきでしょう。全館空調だからカビが生じるというわけではないのです。
防止する対策としては、10年に一度は専門業者によりダクト清掃を行うことと、日常生活を送る中で換気を心がけることが大切になってきます。

一戸建て住宅の価格は設備で決まるので…

一戸建て住宅の価格は、住宅設備の価格だと思って良いと、私はアドバイスを送りたいです。いや、アドバイスではないと思いますが、これから家を建てる人にアドバイスを求められたら、たいていこのように返しますね。

なぜなら、家づくりにおいては住宅設備における費用の調整で、本当に苦労しましたから。ただ、頭を悩ませただけなのですが、しかし非常に迷いましたよ。志望校を決める時よりも悩んだかも知れませんね。一戸建て住宅は金額が非常に大きいですしからね。

それに、住宅設備の価格で家の値段が上下しますから。三重県の工務店で一戸建て住宅の建設費において、住宅設備以外は削りようがなかったりします。骨組みは節約できないものですし、資材を落としても節約できる金額はたかが知れている程度ですからね。

ですから費用を予算内に収めたいのならば、住宅設備で頑張るしかないというものでした。しかし予算内で最大限の選択をしたくて、それで頭を悩ませたのです。もちろんショールームにも足を運びました。家づくにおいて頑張った点は「住宅設備の価格調整」は絶対に含まれるといったところです。

満足できるキッチンのリフォームをするためのポイント

キッチンといえば主婦の主戦場の場と言っても過言ではありません。
毎日の料理をスムーズかつ効率よく行うために、機能的なキッチンへリフォームをしたいと考えるものです。
キッチンは水回りのリフォームの中でも比較的高価なものですし、長く使うものなのでカタログだけで決めずに三重のショールームなどへ足を運んで実物を見ておくことも大切です。
キッチンには置き型や簡易型やフルオーダーのものなど多くの種類があるので、業者に予算を伝えた上で見積もりを出してもらうと良いでしょう。
また、キッチンカウンターには大理石やステンレス、タイル、メラミンなどがありますが、やはり一番人気のあるものはお手入れがしやすいステンレスです。
それぞれにメリットやデメリットがあるので、どれが一番だとは決めにくいものなのでコストを優先にするのか、デザインを優先するのか、機能面を優先するのかは人それぞれ異なってきます。
またオプションなどで食器洗い機なども付けることができるので、予算に合わせて業者に相談してみることをお勧めします。

トイレのリフォームで考えるべきポイント

家族が必ず毎日何度も使用するトイレ。でも一般的には北向きで狭い場所に設置されている事が多く、どちらかといえば家造りの中でもあまり注目される場所とはいえません。たしかにリビングや玄関のようにお客様の目にすぐに触れるような場所とは異なり、家族のためのプライベートな空間なのですが、トイレを利用する時に人はどんなときよりもリラックスしているものだとも言われます。そんな大切な時間を過ごすためのトイレは、気持ちよく使える快適な空間にしておきたいものです。トイレのリフォームで大切なポイントは、利用する側が心地よく使える場所であることと、掃除のしやすい工夫がされていることです。毎日何度も使うトイレだからこそ、汚れもつきやすくなる場所です。トイレのリフォームを検討するときには、心地よい機能が満載のトイレであると同時に、汚れが付きにくかったり、汚れても簡単に落とせるような機能の便器や内装などにすることもとても大切なポイントになります。

三重県で注文住宅を建てるなら失敗しない資金計画

三重県で注文住宅を建築する際そのプランや設備・仕様などと同様に大切になってくるのが資金計画です。
一般に建築費用というとその住宅の費用のみを考えてしまいますが、実際には照明器具やカーテン等のインテリア費用、カーポート等の外構費用登記時の費用やローンを使用する際の手数料等必要になってきます。また業者によって建築費用に含まれている費用もありますし、含まれてない物もあります。
そこで重要になるのが、見積書を貰った時に充分確認して何が含まれて何が含まれてないか、またあとどんな費用が必要なのかを確認することです。契約してからでは間に合いませんので契約する前には必ず全体の予算を把握して、もうこれ以上費用は発生しないという所まで確認しなければなりません。
後になって地盤改良が必要になって100万予算をオーバーするとか、浄化槽の費用が本体工事に含まれてなく別途費用が発生した等ということはよくあることです。
安心して住宅建設に臨み余裕あるローンを組むために見積もり打ち合わせ時は失敗しない資金計画にために大切な時期です。

住宅における新築とリノベーションの違いは

新築の住宅を購入するときに出てくる言葉としてリノベーションという言葉が、今よくでてきます。では、どのようにちがうのでしょう。
まず新築ですが、勘違いしてしまうのが建てたばかりと考えています。しかし、新築の意味は、建物が完成してから1年未満の家で、一度も入居が無い状態の物件の事を言われるので、今建てたばかりとは言えないものもあります。
リノベーションは、既存の建物に改修工事をして、用途や現存する機能に変更を加えて生活する上での性能を向上させたり、他に付加価値を与えるという意味があります。倉庫を家にしたり、古民家を再生させたりという今まで存在していた状況から全く別の住居として作り直したりします。
リフォームという言葉もでてきます。これは新築時においての目論見に近づくように復元します。こちらは修繕という言葉を使う事があります。
リノベーションは改修という言葉を使う事があります。
デメリットとしリノベーションは劣化や損傷がある可能性や追加工事をしなければいけない事も考えられます。耐久性も劣る事により、少し安全性の心配はしなければいけません。なかなか家の購入ともなれば勉強が必要です。

新築住宅を建てる時の参考情報

三重県で新築住宅を建てる際には、様々な情報を収集する必要があります。情報収集に役に立つものには、お家についての雑誌,サイト・ハウスメーカー,工務店などのホームページ・住宅展示場,モデルハウス・新築内覧会・ハウスメーカーなどの構造見学会などがあります。このように、家づくりの情報として役に立つものは沢山あるので、できるだけ多くの媒体を参考にして、多くの情報を集めた方がよいのです。また、住宅会社や情報提供会社からの情報以外にも、家づくりを行うのに非常にためになるものがあります。それは、「家づくり体験談」を聞くということで、実際に新築住宅を建てたことのある先輩方の、体験談を聞くというものです。知人や友人・親戚・会社の同僚など、回りにそのような方がいる場合は、そのような方に「家づくり体験談」を積極的に聞いてみるとよいです。そのような方が回りにいない方でも、「家づくり体験談」の情報を専門的に集めたサイトや、お家に関する掲示板などがありますので、そちらを閲覧するという方法もあるのです。先輩方の成功話しや失敗話しなどを、ご自分の家づくりの参考にするとよいのです。

火災保険の加入メリットは大きいです

三重県で新築住宅を建てた際には、火災保険に加入することによって万が一、自宅からの火災や隣近所からの出火による移り火でも補償されます。さらに保険には火災だけでなく、敷地内にある物が盗難にあった際にも補償の対象となるので、加入することによって様々な補償を受けることが出来るメリットがあります。ただし、新築住宅の火災に対する防火設備や立地場所などによって掛け金や補償金額が異なり、保険会社によってもサービス内容に違いがあるので、加入する際には比較検討することです。比較検討には、保険会社の公式サイトなどで内容を確認することが出来、必要に応じて見積もりなども問い合わせることが出来ます。また、最近では災害などによって保険に関する意識の高まりから書籍やテレビ番組でも取り上げられる機会が増え、比較サイトなども登場しているので、必要な情報が得られやすい環境が整っています。また、中立的な立場で無料で相談することが出来るサービスもあるので、活用すると良いです。

新築住宅の間取りの取り方について

住宅を新築するとなると、色々と自分達の好みにできるので、楽しみが増えます。間取りでは、家族で生活をしている姿をイメージをしながら、決めると思います。間取りを決める際に、注意するべき点がいくつかあります。収納や、音、明るさなどがあります。家の中の生活をメインに考えていると、見落としてしまうことがあります。それは、家の回りの環境です。例えば、寝室が道路側にあった場合に、車や人の通りが多いと、騒音などが気になることが考えられます。反対に、家の中の話し声などが、道路へよく聞こえてしまう場合もあります。窓や、玄関から、家の中がよく見えてしまうこともあります。そういった部分をふまえて間取りを考える必要があります。住宅が完成してからよく聞くのが、収納が少なかったという話です。収納スペースと、部屋の面積、家族の人数などをよく考慮します。新築住宅の情報紙や、展示場などで情報を集めて、間取りや、収納に問題がないか確認するといいです。

最近は中古マンション等のリノベーションが注目されています。

都心において、中古マンションは結構な好立地にあって生活環境なども良好な場所でも、売れずに残っている場合を見かけます。中古マンションなどを見学に行きますと、とても魅力的な物件ですが間取りが古かったり、部屋のインテリアなどが古めかしいのが理由で、購入を見送るケースがあります。最近はリフォームなどを行っていない割安感のある中古マンションを購入して、自分でリノベーションを行なうことで自分の家族構成やライフプランにあった住宅を手に入れることが可能です。リノベーションは、部屋の間取りや壁の位置などをやり替えてまっさらな家に作り変えたり、給排水管などをすべて最新のものに取替えて、快適性だけでなく家の安全性などがある価値の高い部屋に作り直す事を言います。都心においては、まだまだ新築のマンションなどは高く手が届きにくい感じがありますが、割安感のある中古マンションを安く購入してリノベーションを行なう方が、3割程度は値段が安くて済みますので、人気があります。少し前までなら住居は古くなると建て替える考えでしたが、最近は長く住むことを前提にして、リノベーションを行なう考えが中心になっています。