住宅における新築とリノベーションの違いは

新築の住宅を購入するときに出てくる言葉としてリノベーションという言葉が、今よくでてきます。では、どのようにちがうのでしょう。まず新築ですが、勘違いしてしまうのが建てたばかりと考えています。しかし、新築の意味は、建物が完成してから1年未満の家で、一度も入居が無い状態の物件の事を言われるので、今建てたばかりとは言えないものもあります。リノベーションは、既存の建物に改修工事をして、用途や現存する機能に変更を加えて生活する上での性能を向上させたり、他に付加価値を与えるという意味があります。倉庫を家にしたり、古民家を再生させたりという今まで存在していた状況から全く別の住居として作り直したりします。リフォームという言葉もでてきます。これは新築時においての目論見に近づくように復元します。こちらは修繕という言葉を使う事があります。リノベーションは改修という言葉を使う事があります。デメリットとしリノベーションは劣化や損傷がある可能性や追加工事をしなければいけない事も考えられます。耐久性も劣る事により、少し安全性の心配はしなければいけません。なかなか家の購入ともなれば勉強が必要です。

SNSでもご購読できます。